スポンサードリンク


ニャッテン見出し
『 ねこまつり。』ニャンズ達の体験談などをもとにお役立ち情報をご紹介しています。

膀胱炎と便秘〜白玉編


 今回のニャッテン!は、お役立ち情報とは違いますが、白玉さんが膀胱炎と便秘になってしまったため 症状や治療方法など紹介したいと思います。

 

『 原因は不明 』

白玉さん数年前に突然発病した原因不明の嘔吐、血尿の症状が再発してしまいました。

前回効果的だった抗生剤を常備しているので、即飲ませて様子を見る事にしました。

尿意?便意?が治まらなかったり、血尿のようなモノが出続けたりなのでオムツ履かせてました。

この時は薬も効いて落ち着いて寝ています。

抗生剤は効果的だったみたいで、症状は治まりました。

が、その後 数日「排便」が無い!!

恐怖感からか何なのかは分からないけど、このままではよくないので病院に行って来ました。

白玉さん、ご高齢なのでお留守番です。


今回処方されたのは

抗生剤と整腸剤と炎症剤(並びはバラバラです)

この量は至難のワザ・・・

とにかく「ちゅ〜る」に混ぜ混ぜゴマかす作戦です。

今回は何とか服用させる事が出来ました。

発症した時は辛そうで 私の方がうろたえてしまいます。

前回発病した時は、昔、避妊手術に使用した糸の炎症?の可能性があるとかで、15年位前に通院した病院に問い合わせたりしても、結局原因は不明。

今回は、おそらく「膀胱炎」でしょうとの事。

膀胱炎になる原因は結局ほとんどが不明らしく、ストレスによるちょっとした炎症+バイ菌に感染した可能性があるらしい。

前回も夏場だったので、この時期は気を付けます。

ちなみに、薬が効いてからはオムツ食いちぎろうとする程元気になってました。

 

 今回の治療まとめ 

今回の膀胱炎と便秘の治療では 膀胱炎には抗生剤、便秘には整腸剤を与える事で治すことが出来ました。

便秘は酷くなると 整腸剤では効果がなく 病院でカンチョウしないとダメみたいです。

猫ちゃんが便秘かな?っと思ったら早めに病院に受診した方がいいですね~

※膀胱炎は猫ちゃんによって症状が異なるみたいです(白玉さんの症状はキツい方かも・・・)

 


 ニャッテン!

ニャッテン!その他の お役立ち記事

◇ 猫の慢性腎不全 発見から最期まで。

◇ 猫が嫌がる爪切りの切り方コツ

◇ 飲み薬を嫌がる猫の薬の飲ませ方

◇ 猫が嫌がるブラッシングのやり方とコツ。