スポンサードリンク


ニャッテン見出し
『 ねこまつり。』ニャンズ達の体験談などをもとにお役立ち情報をご紹介しています。


飲み薬を飲まない猫に飲ませる方法とコツ〜白玉編


 飲み薬を処方されたら?

猫ちゃんには いつまでも元気で 薬を飲ませる機会なんてない方が良いのですが、もし病気になって飲み薬を処方された時に 嫌がって 飲んでくれないって事になると 困りますよね。

白玉さんも眼瞼炎の治療で飲み薬を処方されたのですが 嫌がって飲んでくれませんでした。
今回は 飲み薬を嫌がる白玉さんに使った飲ませ方を紹介します。

飲ませ方って言っても猫ちゃんに 薬だと気が付かせない為に、薬入りのオヤツを作り オヤツと思わせて 食べさせる食べさせ方です(笑)


 作り方 

まず、中身が柔らかいタイプのオヤツを用意します。

オヤツの1粒を半分に割り 片方に薬を入れます。
もう片方を 薬をかくすように押し込み、もとの形状に戻すと出来上がりです。
大きめの薬は、カッターなどで小さくすると入れやすいですが 小さくしすぎて 数を増やし過ぎないように気を付けましょう。

image


 飲ませ方 

いよいよ 作った薬入りのオヤツを飲ませるのですが いきなりあげるのではなく、オヤツを ひとつづつあげてる最中に紛れさす事で簡単に飲んでくれます。

image

オヤツに紛れて、お薬入りもパクリです。

image

大きめのオヤツや薬はノドにつまらせる事もあるので、さすって流してあげます。

image


 克服のポイント 

◇ オヤツはザックリ割ります(カッターなどでキレイに切ってしまうと、元の形状に戻しにくいです)
◇ 薬はハミ出さない様にする(気付かれると警戒されてしまうので要注意)
◇ オヤツを ひとつづつあげてる最中に紛れさす。

中身が柔らかいタイプのオヤツが苦手な猫ちゃんには、かまぼこや チーズなどで代用する事も出来ますよ。

白玉さんは このオヤツが大好きで、あまり噛まずに飲み込むので気付かれることはないです。
普段このオヤツをあげる時は、よく噛まない白玉さんのために半分に割ってあげています(笑)


 ニャッテン!

ニャッテン!その他の お役立ち記事

◇ 猫が嫌がる爪切り爪お切りの切り方とコツ

◇ 猫が嫌がるブラッシングのやり方とコツ

◇ 猫の慢性腎不全(まんせいじんふぜん)発見から最期まで